2017年5月27日土曜日

スマホの購入 FREETEL社の priori3


priori3 というスマホを購入しました。購入した理由のひとつは標準サイズsim とマイクロsim の2枚のsim が使用できるという点でした。標準サイズの sim カードが使用できるスマホは今ではあまりありません。

モデル番号は FTJ152Aです。Android のバージョンは5.1 です。


新しいバージョンのワイヤレスアップデートの表示が出てきています。

バージョン番号:freetel_FTJ152A_20161108
サイズ:88.24MB
公開日:2017-01-12

現在のバージョン番号をまず調べなきゃと思って調べました。設定の端末情報で見るとビルド番号は freetel_FTJ152A_20160127 とわかりました。




2017年5月24日水曜日

HOMTOM のスマホ復活

HOMTOM のスマホの電源がはいらなくなっていたので、バッテリーだけを取り出して、マルチバッテリー充電器で、充電してみました。


写真はその様子です。充電中なのかピンク色に点灯しています。

10時間ぐらい充電したら、その後青色の点灯に変わりました。

バッテリーをHOMTOM のスマホに戻したら、無事にスマホが起動するようになりました。

2017年5月21日日曜日

液晶ディスプレイのHDMI端子に挿すドングルを購入

2017年5月20日の夜に発注しました。もしかすると chromecast というちゃんとしたやつを購入すべきだったのかもしれませんが。

amazon では人気があったようです。
ところで、アマゾンから購入する際にはカスタムレビューが非常に参考になるという気がするのですが、わざわざカスタムレビューを書く人たちは、何かメリットがあって書いているのでしょうかねえ。それとも何の見返りもメリットもなく、ただボランティアみたいな感じで書いているのでしょうか。

2017年5月19日金曜日

HOMTOM のスマホを購入


2017年4月12日に購入しました。メモリ2Gのスマホで1万円しないのは魅力的だと思いました。
マイクロSIM を2枚さすことができます。
リアカメラで普通に写真を撮りたいのだがどうしてよいのかわかりません。カメラのアプリを起動すると自分の顔が写ってしまいリアカメラに切り替える方法がわかりません。
2017年5月22日に電源がはいらなくなってしまいました。マルチバッテリー充電器により充電を試みています。

mp4プレイヤーを購入いたしました。

2017年5月17日水曜日

仕事は楽しいかね?



去年の夏ごろにディル・ドーテン(著)の「仕事が楽しいかね?」という本を読んでから、仕事に対する考え方や姿勢・態度が少し変わりました。

変わったのは少しだけなのですが、少し変わった状態で繰り返し毎日のように会社に通っているのでその変化が積み重なって、自分にとってはかなり変わったように感じています。

どちらかというと、もちろんよい方向に変わったと感じています。




(2017.5.27追記)
「変化はストレスになるが、ちょっと試してみるだけであればそれほどではない。」というようなことが書いてあったと記憶しています。

考えてみれば、生物の遺伝子の進化もいろんなことを試しながら環境にうまく適合した遺伝子だけが生き残っていくという戦略をとっており、それに似たやり方だなと感じています。

2017年5月16日火曜日

仕事の脳への負担

最近になって気がついたこと

仕事がしんどいのは、体力的にしんどいうのもあるのだけれど、精神的にしんどいというのも大きいということです。

考えないといけない仕事はけっこうしんどい。特にめんどうくさいことをいろいろ考えないといけない仕事は、何より脳に負担がかかるということです。

逆に同じ作業を繰り返し繰り返し行うような仕事は、実は脳にとっては楽です。いったんその作業にとりかかって慣れてしまえば、あとはあまり悩んだり考える必要がないからです。少ない情報量の同じパターンを何回も繰り返すという点でフラクタル的とも言えます。

短い時間の間にあれもこれも考えてどうするかを決めなくてはいけないような仕事だと、脳みそをターボエンジン並にフル回転させなくてはならない。そういう状態で自分がいっぱいいっぱいの時に上司などから、「遅い、やり方が悪い」などと叱られるとパニック状態になってしまいます。 特に私の場合には、考えるのがきらい、めんどうくさいことがきらいという性格があります。


最近になって気がついたのは、ある作業をやっていて、それが終わって次の作業に取りかかる時が結構しんどいということです。今までの作業内容を離れて、次の仕事の段取りを考えたり頭の中に新しい作業内容をインプットしたりして、脳内で大量の切り替え作業が発生するからだと思います。


ひとつの作業の量が多くて、同じ仕事をずっと長い間やらなくてはならない場合には、私は「ああ楽だ。とりあえずこの仕事が続いている間はあまり考えなくてもいいわ。仕事と関係のない自分のプライベートなことでも考えていよう。」と思っています。

ひとつあたりの作業の量が少なくて、次々と別の仕事をやっていかなくてはならない場合には、脳の中で切り替え作業が次々と発生して、いっぱいいっぱいになって余計なことを考える余裕がありません。コンピュータでいうとCPUの処理量が増えてしまい熱が発生しているのと似ていると思います。


あと私の場合には、上司からふたつの作業を指示されると、混乱してできないケースがあります。脳のメモリの容量が少ないのでおぼえきれずにオーバーフローしてしまうのだと思います。

頭の中に引き出しがひとつしかないというたとえが適当だと思います。

ひとつの指示をうけて作業して、それが終わってから、次の作業の指示をしてもらえるのがありがたいと思っています。