2017年5月27日土曜日

スマホの購入 FREETEL社の priori3


priori3 というスマホを購入しました。購入した理由のひとつは標準サイズsim とマイクロsim の2枚のsim が使用できるという点でした。標準サイズの sim カードが使用できるスマホは今ではあまりありません。

モデル番号は FTJ152Aです。Android のバージョンは5.1 です。


新しいバージョンのワイヤレスアップデートの表示が出てきています。

バージョン番号:freetel_FTJ152A_20161108
サイズ:88.24MB
公開日:2017-01-12

現在のバージョン番号をまず調べなきゃと思って調べました。設定の端末情報で見るとビルド番号は freetel_FTJ152A_20160127 とわかりました。




2017年5月24日水曜日

HOMTOM のスマホ復活

HOMTOM のスマホの電源がはいらなくなっていたので、バッテリーだけを取り出して、マルチバッテリー充電器で、充電してみました。


写真はその様子です。充電中なのかピンク色に点灯しています。

10時間ぐらい充電したら、その後青色の点灯に変わりました。

バッテリーをHOMTOM のスマホに戻したら、無事にスマホが起動するようになりました。

2017年5月21日日曜日

液晶ディスプレイのHDMI端子に挿すドングルを購入

2017年5月20日の夜に発注しました。もしかすると chromecast というちゃんとしたやつを購入すべきだったのかもしれませんが。

amazon では人気があったようです。
ところで、アマゾンから購入する際にはカスタムレビューが非常に参考になるという気がするのですが、わざわざカスタムレビューを書く人たちは、何かメリットがあって書いているのでしょうかねえ。それとも何の見返りもメリットもなく、ただボランティアみたいな感じで書いているのでしょうか。

2017年5月19日金曜日

HOMTOM のスマホを購入


2017年4月12日に購入しました。メモリ2Gのスマホで1万円しないのは魅力的だと思いました。
マイクロSIM を2枚さすことができます。
リアカメラで普通に写真を撮りたいのだがどうしてよいのかわかりません。カメラのアプリを起動すると自分の顔が写ってしまいリアカメラに切り替える方法がわかりません。
2017年5月22日に電源がはいらなくなってしまいました。マルチバッテリー充電器により充電を試みています。

mp4プレイヤーを購入いたしました。

2017年5月17日水曜日

仕事は楽しいかね?



去年の夏ごろにディル・ドーテン(著)の「仕事が楽しいかね?」という本を読んでから、仕事に対する考え方や姿勢・態度が少し変わりました。

変わったのは少しだけなのですが、少し変わった状態で繰り返し毎日のように会社に通っているのでその変化が積み重なって、自分にとってはかなり変わったように感じています。

どちらかというと、もちろんよい方向に変わったと感じています。




(2017.5.27追記)
「変化はストレスになるが、ちょっと試してみるだけであればそれほどではない。」というようなことが書いてあったと記憶しています。

考えてみれば、生物の遺伝子の進化もいろんなことを試しながら環境にうまく適合した遺伝子だけが生き残っていくという戦略をとっており、それに似たやり方だなと感じています。

2017年5月16日火曜日

仕事の脳への負担

最近になって気がついたこと

仕事がしんどいのは、体力的にしんどいうのもあるのだけれど、精神的にしんどいというのも大きいということです。

考えないといけない仕事はけっこうしんどい。特にめんどうくさいことをいろいろ考えないといけない仕事は、何より脳に負担がかかるということです。

逆に同じ作業を繰り返し繰り返し行うような仕事は、実は脳にとっては楽です。いったんその作業にとりかかって慣れてしまえば、あとはあまり悩んだり考える必要がないからです。少ない情報量の同じパターンを何回も繰り返すという点でフラクタル的とも言えます。

短い時間の間にあれもこれも考えてどうするかを決めなくてはいけないような仕事だと、脳みそをターボエンジン並にフル回転させなくてはならない。そういう状態で自分がいっぱいいっぱいの時に上司などから、「遅い、やり方が悪い」などと叱られるとパニック状態になってしまいます。 特に私の場合には、考えるのがきらい、めんどうくさいことがきらいという性格があります。


最近になって気がついたのは、ある作業をやっていて、それが終わって次の作業に取りかかる時が結構しんどいということです。今までの作業内容を離れて、次の仕事の段取りを考えたり頭の中に新しい作業内容をインプットしたりして、脳内で大量の切り替え作業が発生するからだと思います。


ひとつの作業の量が多くて、同じ仕事をずっと長い間やらなくてはならない場合には、私は「ああ楽だ。とりあえずこの仕事が続いている間はあまり考えなくてもいいわ。仕事と関係のない自分のプライベートなことでも考えていよう。」と思っています。

ひとつあたりの作業の量が少なくて、次々と別の仕事をやっていかなくてはならない場合には、脳の中で切り替え作業が次々と発生して、いっぱいいっぱいになって余計なことを考える余裕がありません。コンピュータでいうとCPUの処理量が増えてしまい熱が発生しているのと似ていると思います。


あと私の場合には、上司からふたつの作業を指示されると、混乱してできないケースがあります。脳のメモリの容量が少ないのでおぼえきれずにオーバーフローしてしまうのだと思います。

頭の中に引き出しがひとつしかないというたとえが適当だと思います。

ひとつの指示をうけて作業して、それが終わってから、次の作業の指示をしてもらえるのがありがたいと思っています。

2017年5月12日金曜日

スマホでフリーハンズ通話をするために

スマホをハンズフリーで通話できるようにするために、以下のスピーカーを購入いたしました。2019年5月12日に受けとりました。 BlueTooth の設定を使ってペアリングして、通話の実験をしてみました。


2017年5月10日水曜日

次に欲しい電子デバイス




WiFi  プリンタ
ハンズフリー通話できるスピーカ

IP電話を家の固定電話とするために

FUSION IP-phone SMART というIP電話の契約をしておりますが、このIP電話を家の固定電話として使用しようと思って以下のデバイスを購入することにいたしました。2017年5月10日未明にアマゾンで発注をしました。


この機種を発注するのは、以下のサイトを参照させて頂いたためです。


2017年5月14日(日)に設定を行い、もともと家にある固定電話に電話をかけることはできました。(発信はできたということです。)ただし逆に家の電話からその番号に電話をかけても電話のベル?は鳴りませんでした。(着信はできなかったということです。設定によるものなのかは不明)
今後は、設定を変化させて着信ができるようになるかどうか、音質は通話に耐えられるレベルか、などを検証していきたいと思います。
ブラステルというIP電話の申し込みをしてみました。ブラステルカードがそのうち届くと思います。そのカードが届いたら、やはり設定を行い、発信、着信、通話の品質などを調べてみたいと思っています。(5月16日未明記述)

2017年5月4日木曜日

食べ物が古くならないうちに食べる


食べ物が古くならないうちに食べる方法として教わったこと



1。いっぺんにたくさん買わないで少しだけ買う

2。自分一人で食べないで、切り分けてみんなに配る

3。買ってきたら、しまいこまずに、すぐに食べる


ただし、これは、いつでも買い物にいけて、 すぐに食料を調達できる人にしかできないと思われます。

2017年5月3日水曜日

FREETEL SIM の購入

FREETEL SIM を購入しました。

転送電話の設定をしました。(2017.5.3) また節約モードの設定をしました。(2017.5.3)

AV to HDMI コンバータを買った


私自身は、家で地デジの放送を液晶テレビを見ているわけではありません。
昔から持っていたブラウン管のアナログテレビに地デジチューナーを接続しています。
地デジチューナーの出力を、パソコンで使っている液晶ディスプレイに接続すれば、その液晶ディスプレイで地デジのテレビ放送を見れるのではないかと思いつきました。 地デジチューナーの出力を変換して、HDMI に接続できるようにコンバータを買ってみました。うまくいくとよいのですが。(2017.5.3)

2017年4月15日土曜日

すべての人に迷惑


2017年4月11日(火曜日)の午前中の出来事だったと思います。

職場で、パレットの上に箱を100箱積み上げました。その後、周囲の人が見ているところで思いっきり怒られました。要するに積みすぎだというわけです。

一段につき10箱を並べて、それを10段積みました。10 x 10 = 100 でわかりやすいし、ちょうどいいかなと自分的には思っていました。

ところが、そうすると、「それをフォークリフトで運ぶ人が大変だし、それを受け取った業者も大変だし、さらに、なにより時間と苦労をかけて積み上げる自分自身が大変だろう。何をやっとるんじゃ。まわりじゅうの人に迷惑をかけておるぞ」というわけです。


思いだしましたが、そういえば、以前にもたくさん高く箱を積みすぎて怒られたことがありました。その時には、積みすぎると、下のほうの箱が重みでつぶれてしまうからという理由だったと思います。


2017年3月29日水曜日

車内でタバコを吸う人を車に乗せた

私は、タバコを吸う人ではありません。

以前に、自分の車の後部座席に、同じ会社の人を載せたことがあります。

その人は、私の車のゆったりとした後部座席にひとりで座ると、「あー快適だ。これでタバコが吸えたら最高なんだけどなー」というようなことを言いました。

私は、「どうぞ、タバコを吸っていただいて結構ですよ」と言うべきかなと思いましたが、そのような気の効いたことを言える営業マンのタイプではないので黙っていました。実は、タバコを車内であまり吸ってほしくなかったというのもありました。

しばらくすると、その人は「タバコを吸ってもいいかな。それともこの車は禁煙なの?」と聞いてきました。私は、気が小さいので、「禁煙です。」と言うことができずに、「いいですよ。」と言ってしまいました。

車内にタバコの煙の臭いが立ちこめた時に、私は後悔しました。思ったよりも臭いが強かったためです。窓を開けたいと思いましたが、そうすると自分がタバコの煙をいやがっていることが、相手に伝わってしまうと考えて、窓を開けずに我慢していました。


その日の夜に、後部座席から使える灰皿(運転席と助手席の真ん中の後ろ側にあった。)の中身を「面倒くさいなあ」と思いながら捨てました。

この経験で気づいたことが2つあります。

ひとつめは、自分の車には後部座席でタバコが吸えるように小さな灰皿がついていたということを発見したということです。今までそんなものがあったことを意識したことがありませんでした。

もうひとつは、以前にその人とは別の人を車に乗せた時のことを思い出して気づいたことです。やはり同じ会社の人でその人も普段からタバコを吸っている人でした。にもかかわらず、その人は私の車に何回も乗ったのに、いっさいタバコを吸いたいという様子を見せたことがなかったということです。
タバコを吸いたい様子を見せなかったその人は、実は私に気を使ってくれていたのだなということになんと気づいたのです。







2017年3月28日火曜日

100円ショップで爆買い

最近、100円ショップに行っていろんなものを買うのがくせになって趣味みたいになってしまった。

100円だから安いし、いいかと思って、あまり必要のないものまでついつい買ってしまいます。

1000円以上の買い物をすることもしばしばです。

ストレス解消の一種かもしれません。

100円ショップではかなりのものが中国製です。

最近では、中国人は、爆買いをあまりしなくなったという話も聞きますが、以前は秋葉原で電気製品などをたくさん買い込んでいたと記憶しております。


私は、100円ショップで爆買いしているようなものです。(主に中国製品)

「その程度の金額で爆買いと言えるかよ」と爆買いの元祖の中国人にはバカにされるかもしれませんが。




カシオのデジタル腕時計の購入

デジタル腕時計を購入しました。(3月21日に発注) アラーム機能があり、また毎時0分にピピと時報の音がでるようにできます。

2017年3月12日日曜日

キャノンポケット辞書 中国語


中国語の電子辞書をジョーシンという電気店で購入しました。(1500円)wordtank IDP-610C

以下の商品はアマゾンで購入できる似たような電子辞書です。型格がちょっと違います。IDP-610J

以下の商品は IDP-610E です。

使用する電池は、単3電池1本だといいなと思っていたのですが残念ながら違っていました。CR2032 というボタン電池がひとつです。このボタン電池はアマゾンで比較的に低価格で購入できそうなのでほっとしています。どうせ CR2032 というボタン電池を複数個まとめて購入するのであれば、このボタン電池で動作する別の電子デバイスも購入してみたいなという気持ちがむくむくと沸いてきました。

CR2032(アマゾン)

メークイン

昨日、職場でメークインの芽取り作業をしていた時に教わったこと


メークインには、頭とお尻があり、芽が出てくるのは頭のほう。

したがって、芽取りをする時には、頭のほうだけを見ればよい。
メークイン全体を見回して芽を探している必要はない。そんなことをしていると仕事が遅くなる。

それと違ってじゃがいもの場合には、いろんな場所を見回す必要がある。

カーブでの車の進む方向

自分で言うのもなんですが、私は車の運転がかなり下手くそです。

以前は、「カーブでの途中での車の進む方向は前輪の向いている方向だろう」とよく考えもせずに、なんとなく勝手に思っていました。

でも、ある時ようく考えてみた末に、それは間違いではないかと思うようになりました。

たとえば、ハンドルを右へ切って、前輪が車体に対して30度の方向を向いているとします。
その状態では、たぶん前輪は確かに車体が向いている方向に対して30度の方向に進もうとするでしょう。では後輪はどうでしょうか。通常の車では、ハンドルを切ろうが切るまいが後輪は固定されていて常に車体の向きと同じ方向に向いています。

つまりこういうことです。ハンドルを30度分右へ切った状態では、前輪は車体に対して30度右の方向へ進もうとする。でも後輪は車体の向いている方向へそのまま進もうとする。車全体としては、前輪と後輪の中間ぐらいの方向、つまり右へ15度ぐらいの方向へ進むのではないかということです。


このことに気づいた時に、なぜ自分がカーブをうまく曲がれないのかが分かったような気がしました。カーブでは、車の進む方向と前輪の向きは一致しておらず、それなのに前輪の向きに進むと考えて運転していると、カーブで曲がりきれずに、カーブの外側にふくらんでしまうのです。

それ以来カーブでは、自分が思っているよりも多めにハンドルを切るようにしました。そうすると以前よりもうまく曲がれるようになった気がしました。

それまでは、車がカーブで曲がりすぎて、カーブの内側に脱線してしまうのはないかという恐れがあって、思い切ってハンドルを切ることができませんでした。ですが、現在では、カーブの途中では前輪は、思っている以上にカーブの内側を向いていても曲がりすぎることはないのだと思うようになって安心できるようになりました。

もし、自分の車に右へ15度の角度の方向へ曲がって欲しいと思うなら、右へ30度ほどハンドルを切ればよいのだと現在は、考えています。

ただし、今の自分の考えが正しいのかどうかは、わかりません。自分だけでそう思っているだけなのです。誰かに認めてもらったとか証明してもらっとかいうわけではありません。






2017年3月8日水曜日

玉ねぎちゃん

私が以前にいた施設で、ある女の子から「オニオンちゃん」と呼ばれていました。
英語で玉ねぎのことをオニオンと言います。
私がその女の子のそばにいくと、彼女はよくにこにこしながら「オニオンちゃん」と言いました。
私が彼女に「オニオンちゃんて誰?」と聞くと彼女は「ちびまるこちゃんに出てくるナガサワ君」というようなことを言いました。
また、その施設で別の人から「玉ねぎ臭い」と言われたことがあります。ネットで調べるとワキガ体質の人は玉ねぎとよく似た匂いがすると書いてありました。
ひょっとして「オニオンちゃん」というのは、玉ねぎ頭でワキガ体質の私にはうってつけのあだ名かもしれないと思いました。



脇の匂いの防止のために、今は次の制汗剤(制汗デオドラント)を脇に塗るようにしています。

2017年3月4日土曜日

高校時代の苦い思い出2



高校時代の苦い思い出2


以前に、高校時代の苦い思い出について記事を書きました。(以下のリンク)

http://chaos-fractal.blogspot.jp/2016/08/blog-post.html


高校時代には、別の苦いくやしい思い出が他にもあります。

同級生に10円を貸したことがあります。(その同級生は大阪出身で野球部に入っていたと記憶しています。)なぜ10円を貸したのかは覚えていません。電話賃か何かだったのでしょうか。

たとえ10円という小額でも、借りたほうは借金なのだから返すべきであり、いずれは返してくれるだろうと思っていました。

でもしばらくしても返してくれませんでした。私は「10円でも返してくれないのはおかしい。」と感じて、彼に「10円を返して欲しい」と言いました。

そこでたぶん、10円を返してもらったのだろうとは思うのですが、よく覚えていません。

覚えているのは「10円ぐらいのことで、けちけちしやがって」という意味のことを言われたことです。

私としては、友達に10円を貸してあげたのに、結果として馬鹿にされてしまったといういやな思い出として残りました。

私としては「10円ぐらいのことだから、返してもらわなくてもなんてことはない。」と思って忘れてしまえばよかったのでしょうか。でも私は、当時は、たとえ10円でもお金はお金であり「返してもらうべき」貴重なものだと思っていました。

自分が10円にこだわったのは、家が貧乏だったことにもよると思います。家が貧しいため高校時代は奨学金をもらっていました。

自分の家が貧乏だから10円という小額にこだわり、結果として軽蔑されてしまったというみじめな気持ちになりました。

 あとになって思うのは、ちゃんと怒ればよかったのかなということです。でも、ぐずで小心者の私には怒ることができませんでした。

もし彼が「10円という小額は、返さなくてもいい」と思っていたのであれば、はじめに「貸してくれ」ではなくて「めぐんでくれ」とでも言えばよかったのに とも思いました。

 もし軽蔑されるとわかっていたら、10円を貸すべきだったろうかとも思いました。


35年以上たった今になって思うのは、相手は自分のことをどう思っていたのか ということです。

その人は、勉強もある程度できて、運動神経も非常によかったと記憶しています。運動神経がよくてスポーツも得意だったので、野球部に入っていたのです。クラスでも人気者のひとりでした。

私とは全然違うタイプです。

その人から見れば、「こんなくだらない奴に10円ぐらい返さなくてもいいか」という判断をしたのかなとも思います。もしかすると10円を借りたことすら忘れていたのかもしれません。

自分が「こんなくだらない奴」と思われていたということを認めるのは、自分にとってつらいことです。認めたくない事実のひとつです。


 そもそも、その人とは、それほど親しいわけではありませんでした。その人は、私のことを友人と思っていたのかどうかもわかりません。

35年以上も経過した今になって、たかが10円のことで思い悩み、ちまちまと記事を書いている私は、確かに、くだらない奴です。



(2017年3月11日 追記)

最近になって気づいたのは、もしかすると私が「10円を返してくれ」と申し出た時の私の表情(もしくはかもしだす雰囲気)がよくなかったのかもしれないということです。思いつめたような、こわばった表情で、「返してくれないお前は悪いやつだ」と決めつめたような表情(もしかすると鬼のような形相)だったのかもしれません。

もし、そういう表情で10円を返してくれと言われたら、「なんで10円ぐらいのことでそんなに責められなくてはならないのか?別に返さないと言ってるわけでもないのに。ちょっと忘れていただけのことでしょ。」と反発したくなるのは、まあ自然なことのような気もします。

だから、私としては、にこやかな表情で、「忘れただけだよね。返してくれるよね。(^_^)」などとと言えばよかったのかもしれません。










2017年3月3日金曜日

相模原殺傷事件とプーチン大統領

2016年7月26日に相模原市の障害者施設で発生し19人の命が奪われた事件で、ロシアのプーチン大統領がその日のうちに、安倍首相宛に弔電を送っていたそうです。
これは日本人からすると、意外な感じがするのではないでしょうか。

2017年3月2日木曜日

仕事の全体像と部分を把握する・力を抜く


仕事を行う上で、全体像が見えており、かつ自分が担当している部分がわかっていれば、不安なく進めることができるだろう。

全体と部分を理解することが、まず重要だと思われる。


それが、わかっていない状態で、とにかく早くやれと煽られるとつらいことになる。

新人がつらいのは、まだ仕事の全体がわかっておらず、自分の担当している作業が全体のうちのどの部分に相当するのかもわかっていらず、かつその個々の作業もよくわかっていないからだと推測される。

そのような状態で、上司などから「早くやれ」とか「出来が悪い」などと責められるとますますつらくなるでしょう。


もし、仕事の全体と部分がわかってしまえば、悩むことはあまりなく先が見えて計画も立てられる。その状態だと、できるだけ早く仕上げることに精力を集中することができるようになる。 上司や仕事のできる先輩たちは、すでにそのような状態になっているので、仕事のできない部下や新人の様子を見て、「遅い。早くやれ」とか「出来が悪い。へたくそ」などと言いたくなってしまうのであろう。



また仕事になれてくると、重要なところとそうでないところが判別できるようになる。そうすると、どこで力を抜けばよいかがわかってくるので、長時間働いてもそれほどつらくなくなると思われます。



新人の場合は、全体も部分もあまり分かっていない状態で、あおられ、叱られ、肩に力がはいっていて力の抜き方がわかっておらず、どうでもよいところで疲れてしまうということになる。
 こういう状態で長時間の労働をしたり、休日出勤したりしていると、うつ病になったり、最悪は過労自殺してしまうだろうなと推測しております。









2017年2月27日月曜日

モバイルWiFiルーター GP01用のバッテリー購入

ファーウエイ社製のモバイルWiFiルーターGP01 を持っていますが、バッテリーが弱ってきているようなので、新しく予備のバッテリーを購入することにしました。2017年2月24日に注文をしました。

2月27日に到着の予定です。
平成29年2月27日(月)の21時59分にコンビニで受けとりました。 家に帰ってから、GP01に取り付けてみた感想としては、なんだかGP01というポケットWiFiがずいぶん ぶ厚くなってしまったなあ ということです。バッテリーの容量が確か4500mAHなので、標準品の3倍ぐらいあり長時間持つというメリットはありますが、厚みも増えているためです。

2017年2月25日土曜日

MP3 プレーヤー録音機能 FM/AMラジオ機能付き


2016年9月3日に、録音機能つきFM/AMラジオ MP3 対応 を注文しました。
この装置には、BL-5C というバッテリーが搭載されています。
ただし、内蔵されているこのバッテリーを取り外しても、USBケーブルで外部から給電することにより、この装置を使用できることがわかりました。(2017年2月25日)この点については、2017年2月に購入したNETGEAR のモバイルルーターと同じです。このような装置は、少ないと思われます。
内蔵バッテリーを外してしまうと、USBケーブルを接続して給電しても、使用できないのが普通の装置のような気がします。

2017年2月24日金曜日

試験の前になると、なぜか部屋を片付けたくなるということ


試験の前になると、なぜか部屋を片付けたくなるということは、知っていましたが、なぜそうなのかという理由は、わかっていませんでした。この本には、なんとその理由がちゃんと書かれていました。この本の著者は、頭がいい人だと感じました。
それはともかくとして、私は「試験の前に部屋を片付けたくなる」という性質をうまく利用できないかということを考えました。もし部屋を片付けなくてはいけないのに、その気になれなかったとします。 そういう時にはどうすればよいだろうかということを考えました。 その場合には、試験の前と同じような状況にすればよいのではないかと思いつきました。
試験の前には、「やりたくないのに勉強しなくてはならない」という状況になります。それに近い状態に自分を追い込めばよいように思われます。 自分の心の中を見回して「やらなくてはいけないのに、やりたくないこと」とか「やらなくてはいけないのに、やる気がおきなくて後回しにしていること」がないかを探してそれについて思考をめぐらすということです。部屋を片付けるということよりも、より重要で難しい「やらなくてはいけないけどやりたくないこと」を探して思考を巡らすとよいと思います。
そうすると、その「やりたくないこと」に比べると部屋の片付けや掃除は楽ですから、部屋の片付けや掃除に取りかかる心の負担が減り(ハードルが下がり)、結果として片付けをしたくなのではないかというふうに考えました。
ここまで考えた後で、もし「やらなくてはいけないのに、やっていないこと」が全然ないという人の場合はどうだろうかということが気がかりになってきました。つまり、「やらなくてはならないこと」は、後回しせずに躊躇なくすぐに取り掛かり、やり遂げてしまうような、すばらしい人の場合にはどうかということです。そういう人は、心の中を見渡しても「やらなくてはならないけれども、後回しにしていること」など存在しないでしょう。そういう人の場合には、この手法は使えないことになります。
ただし、そういう人は「部屋を片付けなくてはいけない」という状況になったとたんに、躊躇なく取り掛かり部屋を片付けてしまうことでしょう。そういう人の部屋は散らかるはずがないのです。だから問題はないのです。

ここまで考えた時にあることに気がつきました。それは、そもそも「部屋が片付けられなくて困っている人」というのは、実は「やらなくてはならないことはわかっているのに、手をつけるのがおっくうで後回しにしてしまう癖のある人」なのではないかということです。もしそうだとしたら、その人は「部屋を片付けらない」ということだけではなく、他にもたくさんの問題を抱えていると予想されます。やらなくてはならないことが頭のなかにごちゃごちゃといっぱい詰まっていて、部屋を片付けることは、その中のちっぽけな一つに過ぎません。そうすると、そのちっぽけなひとつについて、時間をかけて取り組む気にはなれないのは当然のような気がします。
そうすると、「部屋が片付けられなくて困っている人」がやるべきことは「片付けテクニックの本を読むこと」というよりは、「いやなことを後回しにしてしまう自分の心の癖を改善する」ことではないかと思うのです。 もし、心の癖の改善ができたら、部屋が片付くだけではなくて、その人が抱えているいろんな問題が解決の方向に向いて行くでしょう。結果としてその人は幸せになると思われます。
ひとつの心の癖(心の傾向)が、いろんな問題を引き起こすという点は、フラクタルの性質に似ていると考えます。
ただし心の癖を改善するにはどうしたらよいのかということは私にはよくわかりません。
今の時点ではとりあえず私は次のように考えます。 「部屋が片付けられなくて困っている人」がやるべきことは、自分の心の中を見回して、もっと重要な「やらなくてはいけないのに、やっていないこと」が他にないかを探し出すことです。そうして、その中で一番重要な問題を見つけます。そうして、「部屋を片付けること」は、とりあえず脇に置いておいて、そのもっとも重要な問題だけに集中して取り組むことではないかと思うのです。もし、その重要な問題に対処しても全然解決しないとか、深刻すぎて対処する気がおきないようであれば、その問題を潔くあきらめて、2番めに重要な問題に取り組むということぐらいでしょうか。それもダメなら3番め、4番めというふうにレベルを下げていきます。そうして自分が対処できる問題の中で一番重要と思われるものに対処します。
もし心の癖を改善できるのであれば抱えているたくさんの問題を同時に解決できるかもしれませんが、今の私のレベルでは心の癖を改善する方法がわかりません。そうすると自分のレベルで対処できる問題のうちで、もっとも重要な問題を見つけて、その一つだけに絞って精力を集中して対処するしかないと思うのです。

2017年2月22日水曜日

モバイルWiFiルーター HX009ZT の購入

平成29年1月25日ごろにモバイルWiFiルーターを購入しました。値段は安いのですが、3GだけでLTEに対応していません。またsimカードのサイズは、標準サイズsim です。

平成29年月21日(火) ロケットモバイルの神プランのsimカードが届きましたので、apnを設定して使用できることを確認しました。
平成29年2月22日(水) このモバイルWiFiルータの内部バッテリーをとりはずして、usbによる外部からの給電だけで、動作させることができるかどうかを試してみました。結果としてはNGでした。 液晶画面に、確か no battery というような表示が出てくるだけで、動作しないようです。
バッテリーを入れて充電しながら使用することを試してみましたが、これはどうやら使用できるようです。
平成29年2月28日(火)
充電している最中は、それとわかる表示がされるので、助かります。充電中でも表示がないと不安です。充電が終わった時に、終わったとわかるのかどうかは、まだわかりません。

2017年2月17日金曜日

モバイルWiFiルーターの購入 NETGEAR

2017年 2月 16日 の明け方近い時間に、simフリーモバイル WiFiルーターをアマゾンで発注しました。 購入した理由のひとつが、内部のバッテリーをはずして、外部電源をつないだ状態での使用ができるという点です。 モバイルWiFiルーターは、実はつい最近も購入したばかりで、それ以前にも既に中古のものを3つ購入してありました。 つまり、今回が5個めのモバイルWiFiルーターというわけです。 我ながら、買い物の仕方が下手くそだなと感じます。でも5つも買ったんだから、モバイルWiFiルータについてのいろいろな知識が身につくだろうなとは期待しています。 モバイルWiFiルーターおたく になれればいいなぐらいに思っています。
2017.2.18 このモバイルWiFiルータは、まだ届いていないのですが、アマゾンのレビューで見る限りでは、どうやら simカードが挿入しづらいという欠点があるらしいとわかりました。
2017.2 28 使ってみた感想としては、確かにsimカードを挿したり抜いたりするのに苦労する感じです。状況に応じてsimカードをいろんな機器に頻繁に差し替えて使用するというような使い方はしないほうがよいと思われました。挿したり抜いたりするのに力がいるので、力加減を間違えると、simカードの金属の接触部分とか、モバイルWiFi側とか壊してしまう可能性が危惧されます。
2017.3.1 専用のアプリをダウンロードしてスマホにインストールしてみました。
WiFi の電波の強度を3段階で設定できるようです。職場の自分のロッカーにこのWiFiルーターを置いておき、自分が作業している場所まで届くかどうかを、今度ためしてみたいと思っています。WiFi 電波を一番強い状態にしても、自分の作業場まで届かないようだちょっと残念です。
また充電時にテザリングをon するかどうかの設定もできるようです。

2017年2月16日木曜日

バレンタインのチョコレート


バレンタインの前日に、好意を持っていた女性からなんとチョコレートをもらってしまいました。その時うれしさのあまり感極まって、なぜか「いやだー」と叫んでしまいました。うれしいのに 「いやだ」と言うのは変です。でも女性は嬉しい時でも「あらやだ うれしいわ」とか言いますよね。うれしい時に「いやだ」と言ってしまうという点において、自分の中には女性のような心があるのかもしれないと感じました。もしかしたら自分には、「おかま」とか「おねえ」の気があるのかもしれないと感じました。

自分は男性なのに、自分の心の中には女性的な面もあります。自分の心の中は混沌としている(カオス)なのだと改めて知りました。

チョコをもらってうれしかったはずなのに、なぜ「いやだー」と言ってしまったのかあとからいろいろ考えました。たぶん、うれしすぎて、パニックになる とか、頭がおかしくなるとか思ったのでしょう。「頭がおかしくなるのはいやだ」という意味で「いやだー」と言ったのだと推測します。

2017年2月9日木曜日

いじめをしないという価値観

弱いものいじめをしないほうがよいという価値観は、誰でも持っていると思いたいものですが、本当はどうなのでしょう。

また、なぜ弱いものいじめをしないほうがよいのか、理屈として説明できるものでしょうか。

いじめをしない方がよい。弱いものに対してやさしく接しよう。というようなことは、親が子供に教えているのでしょうか。

宗教とか道徳では、それに近いような教えがされているかもしれません。

でも、日本人はあまり宗教を持ってるという感じではありません。宗教というと地下鉄サリン事件を起こした教団が想像され、あまりよくないイメージを持っている人もいると思います。

また、道徳は学校で教える教科の一つですが、受験には道徳の科目はありません。受験競争に勝ち抜いてきた人たちが、世の中に出て、影響力を持つ立場につくことが多いと思われますが、そのような人たちに道徳的が価値観を身につけていることを期待できるものでしょうか。

日本人はクリスマスは祝うけれどもキリスト教の信者ではないという人もたくさんいます。 キリスト教では、「許す」ということがよく言われているようですが、弱い人の欠点、失敗、至らない点を「許す」という価値観を持っている人はどれほどいるのでしょう。弱い立場の人の失敗を許さないで、責め立てる行為は、パワハラ、いじめと呼ばれる行為のひとつだと思います。

弱い人の欠点を許さずに徹底的に責め立てれば、弱い人が、それによって鍛えられて、弱点を克服できるようになり、結果として成長する助けとなることもあるかもしれません。また、責め立てた側がすっきりして快感を得られるとか、罰として何かを強要できるとか、責め立てるのを止めてやる代わりに何かを提供させるとか、自分のほうが強くて正しいことを認めさせ自分のいうことをきかせるとか、実はメリットがいくつかあるような気がします。

相手は弱いので、相手が言い返してくるとか、仕返しをしてきて、逆に自分の側が傷つけられるということはあまりありません。「弱い人を許さない」というのは、メリットはあるけれど、デメリットがあまりない行為に見える人もいると思います。そういう人は、積極的にいじめやパワハラを行うでしょう。その人にとっては、いじめはローリスク、ハイリターンの投資みたいなものだからです。

仏教では、「慈悲の心」 というのが、弱いものいじめをしないという価値観に近いと思いますが、例えばお釈迦さまや親鸞聖人の教えを守っているというような人は自分のまわりを見てもそんなにいるのかなという気がします。

 また、日本は資本主義です。資本主義では「お金」が大切にされます。例えば、会社では、会社の利益にどれだけ貢献できているかとか、費用対効果などが重要視されています。給料に見合うだけの成果を上げていないと判断された人は、厳しく叱責されたり、閑職に追いやられたり、リストラされたり、つらい思いをせざるを得ません。事実、自分自身がそういう思いをしてきました。(今までもそして今も。)そのような中にあって「弱い人にやさしいかどうか」なんて、どうでもよい価値観のひとつに見えます。


現在の日本人の学校や社会で、いじめやパワハラが多いのは、実はむしろ当たり前のような気もするのです。

そのような中で、いじめをしないことのメリットを、これから思いつくだけ書き出してみようと思います。


弱いものいじめをしないことのメリットの一番は、いじめをしている者もいつか弱い立場に転落するかもしれないということです。(病気、事故、高齢化など)
例えば周りの弱い人をいじめをしている人が、いったん弱い立場に転落すると、「ざまあみろ」と思われて、助けてもらえないでしょう。また、今度は逆に自分がいじめられる立場となります。しかえしを受ける可能性もあります。